ERPシステムにおける人工知能

人工知能(AI)

人工知能(Artificial Intelligence、AI)は、分析的思考スキルを必要とするタスクを実行するためのコンピューター機能です。AIソフトウェアは、大量の過去のデータを学習するように開発されたため、今まで人間が担当したタスクを実施できるようになります。現在、AIは画像認識から、大量のデータを処理してデータのパターンを学習し、意思決定のためのデータを提供する深層学習(ディープラーニング)ツールにまで及びます。

Enterprise Resource Planning (企業資源計画、ERP)

ERPは、企業の経営資源を一元管理し、効率的で信頼性の高いシステムです。但し、使用者がERPシステムにデータを入力し、業務運用の変化に伴うデータを手動で変更する必要があります。システムはデータを処理した後、結果を出力します。そして、その結果に基づいてシステム使用者はビジネス上の意思決定を行ったり、会社の収入や従業員に支払いする賃金を把握したりします。

ERPシステムは長年に渡って、近代化されてきました。例えば、データ入力を簡素化・自動化すること、システム内のイベントが発生したときに通知を表示することや、使用者にメッセージを送信すること、レポートを作成するためのデータ可視化ツールを使用することなどです。多くの ERPシステムは、クラウド環境で様々なデバイスで利用できるようになりました。しかしながら、上記のような近代化はERPシステムの性質を根本的に変えるものではありませんでした。

ERPシステムにおけるAIとは?

ERPシステムにおけるAIは、業務データ管理、データ分析、レポート作成など、今まで人間の能力を必要としたタスクに適用されます。AI ソフトウェアを使用したら、システムは人間の代わりに大量のデータを検証して分析するため、人間よりも多くのタスクを実行できるようになります。

業務におけるAI導入事例は次の通りです。チャットボットを使用して、メッセージを送信することで顧客とのコミュニケーションをとります。チャットボットは、問い合わせへの回答、顧客からの注文の受付、連携したシステムへのデータ送信、作業ステータスの更新、商品のお届け完了の通知など、様々なことが対応可能です。これにより、顧客からのお問合せに対応する従業員を割り当てなくて済むし、以前のように手動でデータを入力することも必要なくなります。

ERPシステムでAIを使用したら、一般的な不完全なデータの問題も解決できます。例えば、計算に必要なデータが不足していることや、現状のデータは最新ではないことなどです。これは、AI が大量のデータにアクセスでき、人間よりも適切にデータ処理を行えるためです。AIによるデータ分析で、企業にとって利益を生む傾向にある商品が分かるなど、意思決定に必要なデータを提供できます。AIは、顧客に請求するのに最適なサービス価格を勧められ、従業員データを分析して、会社を辞める可能性のある従業員を推測できます。これらのデータを提供することで、AI は他のプロセス自動化とは異なっています。

ERPプロセスにおけるAI活用サンプル

イメージ:www.freepik.com

自律走行搬送ロボット(Autonomous Mobile Robots、AMR)

ロボットは、自動車産業やその他の製造業で長い間使用されてきました。現状では、これらのロボットは、自動的に移動でき、人のように働けるように進化しました。2次元や3次元の環境地図を作成する自動運転技術が使用されるため、ロボットは人の代わりに倉庫内の材料や製品を移動することができます。

チャットボット

チャットボットは、人間のアシスタントのように機能します。 特にカスタマーサービスにおいて、顧客はチャットボットに対して問い合わせし、すぐに回答を得られます。チャットボットは、システムでデータを自動的に検索し、顧客からのお問合せに回答し、チャットデータをシステムに記録します。チャットボットの機能は継続的に開発されており、人材採用コストを大幅に削減でき、現在のビジネスに非常に役に立ちます。

販売

AIツールは、顧客の過去の大量のデータに接続し、データを分析して売上を向上させることができます。例えば、AIは見込み顧客を推奨し、アップセルやクロスセルの方法を提案し、製品の最適な価格を設定するためのデータを提供できます。

マーケティング

マーケティングは、AIによって収集された顧客インサイトを活用できます。例えば、ソーシャルメディアのデータやカスタマーサービスの会話記録データを活用して、顧客に提案したい商品やサービスを改善します。

イメージ:www.freepik.com

倉庫管理

AIのアルゴリズムは、発注管理システム、生産管理システム、倉庫管理システムからデータを収集して計算するため、倉庫スペースを有効活用するように支援します。また、原材料や製品を正確にかつ迅速に取り出せるように、保管場所の管理方法を推奨できます。

生産計画

AIを活用することで、顧客感情や天候の影響などによって変化する消費者のニーズに対応するために、特定の期間の生産計画を立てることができます。

人的資源

人的資源または従業員は、組織の重要な構成要素です。AIツールは、従業員のデータを検証し、人が実施する必要がある運用プロセスを確認します。AIによって運用プロセスを従業員の性能評価やリソース割り当ての観点から分析して、従業員が不足している作業に対して補足することができます。

 まとめ

AI はビッグ データを計算して分析するプロセスであり、計算結果を効率的に出力するには、十分で信頼できるデータが必要です。使用者は、AI ツールにおけるアルゴリズムを選択してAIにデータセットを学習させる必要があります。そして、その結果をビジネス上の意思決定に使用します。AIはERPのデータ処理機能に取って代わるものではありませんが、ERPシステムの効率を高める機能を果たします。

参照元:

https://www3.technologyevaluation.com/

https://erpsolutionsoodles.medium.com/