AIをマーケティングの世界に活用

GenerativeAI in marketing

本稿では、The Standard チャンネルの Executive Espresso プログラムでNakarin Wanakijpaibul (Ken)氏がインタビューした、Adapter Digital Groupの創業者であるAtawoot Wesaranurak氏へのインタビューの一部を要約しました。

生成AI(genAI)は現在のマーケティングの仕事に重要な役割を果たしており、深い影響を与えています。Atawoot氏の観点によれば、その影響はマーケティングに限定されるものではなく、組織構造や経済を含むあらゆる側面に影響を及ぼします。

上記で述べたように、その影響は規模(作業量とサイズの拡大)、範囲(可能性の範囲の拡大)、速度(速度の向上)の側面が含まれます。

生成AIは将来的にマーケティング業務にどのように役立つのでしょうか?

1. 不可能なマーケティングのコンテンツを実現

例えば、ナイキは、生成AIを使用して1999年に全米オープンでグランドスラム女子シングルス初優勝を飾ったセリーナ・ウィリアムズと、2017 年の全豪オープンで優勝したセリーナ・ウィリアムズの試合を作成する広告キャンペーンを行いました。(結果は1999年のセリーナ・ウィリアムズが勝利しました)。

2. ハイパーターゲット型マーケティングの実施(特定の顧客にカスタマイズされたメッセージを配信)

例えば、Nike by You はナイキのウェブサイト上のカスタマイズサービスであり、購入したスニーカーのスタイルや興味を持っているスタイルに関する顧客情報を分析するために生成AIを使用しています。この情報を元に、AIはナイキのパーソナライズドなコンセプトに合わせて、各顧客に合わせた新しいスニーカーのスタイルを生成します。

3. 未来予測分析

将来のトレンドや人々が興味を持つものを分析し、そのトレンドに適合する製品を設計します。

生成AIは特に創造性あるタスクや革新的なタスクをうまくサポートすることが可能です。現在、生成AIはテキストや画像関連のタスクで最も役立っていますが、コーディング能力はまだ限られています。多くの情報源の予測によると、2030年までに、生成AIは3D ビデオやゲームを作成するためのコードを開発者よりもうまく書く能力を持つようになるでしょう。

生成AIはマーケティングで役割を果たすだけでなく、カスタマーサービスやコールセンター業務の発展にも貢献します。例えば、生成AIはスタッフが顧客と対話できるように顧客の好みや意思決定行動に関するデータを分析するために使用されます。また、生成AIを使用して販売を成立させたり、顧客と自然な会話を行うためのチャットボットを開発したりすることもできます。

組織に 生成AIを適用するためのポイント

大手企業5社が組織内でAIを活用することに成功したポイントは次のとおりです。

  1. Digital Talent: 有能な人材になるように社内人材を育成します。
  2. Platform Operating Model: 従来の運用方法や製品作り方をAIを使った導入に変更し、クロスチーム・コラボレーションが求められています。
  3. Engineering Excellence: マイクロサービス、最新のクラウド、機械学習ツールなどの様々なデジタル資産を適用します。
  4. Embedding Data and Analysis Across the organization: どのチームも組織内のチーム間でデータにアクセスでき、使いやすいツールを通じて処理できます。
  5. Culture: 従業員がAIの重要性と利点を認識することを確実にするために、組織内でAIの文化を構築します。

Atawoot氏の意見では、「Culture」が最も難しく、重要なトピックです。全てのトピックへの取り組みを始めるには、テクノロジーではなく課題から始める必要があります。これは、特定の課題を指定せずに AI の使用を決定するのではなく、最初に課題を特定し、次に AI を使用してそれらの課題を解決することを意味します。

参照元:THE SECRET SOURCE

イメージ: Freepik