AIの進化は未来へつながる

Strong AI

人工知能 (AI)は、本人確認をより簡単かつ正確にする生体認証など、必然的に日常生活で重要な役割を果たしています。例えば、スマートフォンの画面ロックを解除するには、元々はコードやパターンを入力する必要がありましたが、現在は顔認証や指紋認証でロック解除できるようになりました。そして、一部のレストランでは、スタッフの代わりにロボットを料理提供に導入しています。しかしながら、これらはAI活用のスタート地点に過ぎません。

AIのカテゴリーはその知能に基づいて2つに分類される: 強いAIと弱いAI

現在、人々の生活をより快適にするために、世界中で多くのAIツールが作られていますが、

それらはどれも強いAIに分類されていません。

強いAIまたは汎用人工知能(AGI)とは、「人間のような知能を持ち、人間の指示なしに人間のように考えたり、問題を解決したりするなど、人間が実行できる知的作業を実行できるAI の一種」を指します。

弱いAIまたは狭いAI(Narrow AI)とは、「限られた領域で特定のタスクまたは一連のタスクを実行するために設計されたタイプAI の一種であり、機械学習モデルと人間が提供した特定のデータによって開発されます。したがって、弱いAIは独自に考えたり、分析したり、問題を解決したりすることができません。」を指します。

AIの研究と開発は継続的に進化していますが、現在の最先端のAIは強いAIの概念からは程遠いものです。但し、希望が全くないわけではありません。なぜなら、世界初のヒューマノイドロボットであるソフィアは、既にサウジアラビアの市民となり、国連開発計画の初のロボットイノベーション大使として世界中のテレビ番組や会議に出席しているからです。彼女はまだ強いAIではありませんが、弱いAIとして分類され、人間性に近づく一歩となっています。

ヒューマノイドロボット「ソフィア」
ヒューマノイドロボット「ソフィア」
イメージ: hansonrobotics

強いAIの未来

強いAIはまだ開発段階にあり、現実にはまだ実装されていません。多くの人々が強いAIはただの幻想だと考えています。なぜなら、AIがどれだけ賢くなっても、人間ほど賢くはならないからです。さらに、強いAIの開発に成功した後に生じるかもしれない利点と欠点に関して人々の間で多くの論争や懸念があります。

もちろん、強いAIを実装する準備が整った際に、AIはソフトウェア開発など、より多くの作業を助けることができるため、人間の仕事に潜在的な影響を与える可能性があります。多くのソフトウェア開発者は、より迅速に作業できるよう、プログラミングや問題解決においてAIを活用出来るように学びます。いずれにせよ、ChatGPTのような現在利用されているAIは弱いAIとみなされます。

上記で述べたように、弱いAIの能力は人間にとって非常に有益ですが、もし強いAIが開発されたら、世界は完全に変わるでしょう。しかし、開発されたAIは人間よりも賢くなり、最終的には人間の仕事を奪うのではないかと考える人もいます。

まとめ

記者の意見では、強いAIは我々の世界を強化するより高いレベルのテクノロジーです。産業革命の時代を振り返ると、御者(馬車を運転する人)は自動車に取って代わられることを心配していました。最終的に、馬車が自動車に置き換わり、その後、自動車整備士や運転手など、他にも多くの職業が生まれました。

AIの開発は、過去の自動車の変革と変わりません。それが開発に成功すれば、世界は大きく変わります。また、AI開発者が人間と同じくらい賢いAIを開発できるようになったら、対応計画を立て、人の安全を確保する必要があります。これは、強いAIが開発に成功した後、それが人間にとって有益となるのか有害となるのかは予測できないからです。

参照元:

The History of Artificial Intelligence – Science in the News (harvard.edu)

Logic Theorist – Complete History of the Logic Theorist Program (history-computer.com)

Sophia – Hanson Robotics