ローコード開発基盤とノーコード開発基盤はどのようにビジネスをサポートできるのでしょうか?

現代においてはビジネスを運営する際には、ウェブサイトやアプリケーションが必要となります。ウェブサイトやアプリケーションを作成するには社外への委託や社内のウェブ開発など、様々な選択肢があります。システムを開発したい会社にとっては、ローコード開発基盤およびノーコード開発基盤は迅速な設計および開発に役立ち、顧客ニーズの変化に対応する選択肢の一つです。

ガートナー社の予測によれば、2024年までにアプリケーション開発の65%以上がローコード開発に移行するでしょう。その結果、ローコード開発基盤またはノーコード開発基盤によって開発されたアプリケーションがさらに多くなるようになります。

ローコード開発基盤とノーコード開発基盤とは?

ローコード開発基盤は、開発者がある程度のコーディングとUIデザインを行う必要がある基盤です。基本的なコーディングスキルを持つ開発者は、ドラッグアンドドロップ機能を使用して各コンポーネントをアプリケーション上に配置するだけでソフトウェア設計プロセスを簡素化し、アプリケーションを簡単かつ迅速に構築できます。

ローコード開発基盤の例には、OutSystems、Mendix、Power Apps、Salesforceなどがあります。

ノーコード開発基盤は、ユーザーがコーディングの知識なしでアプリケーションを開発できる基盤です。ドラッグアンドドロップ機能を使用するだけで、レイアウトとユーザーインターフェイスを簡単にカスタマイズできます。この基盤は、個人用のウェブサイトやアプリケーションを作成したいが、コーディングの知識や経験がゼロの人に適しています。

ノーコード開発基盤の例には、AppSheet、WordPressなどがあります。

ローコードまたはノーコード開発基盤を使って開発できるソフトウェアの例は、以下のとおりです。

  • ウェブサイト
  • アプリケーション
  • 自動メール通知
  • 自動返信メッセージ

ローコード開発基盤とノーコード開発基盤のメリット

1) ビジネスプラットフォームの開発が容易

高度なコーディングスキルがなくても、ウェブサイトやアプリケーションを開発することが可能です。そして、コーディングにかかる時間が短縮されるため、従来のプログラムコーディングよりも早くビジネスプラットフォームを構築できます。

2) ビジネスの変化に柔軟に対応

多くの企業は、顧客ニーズの変化に適応する必要があります。顧客とのコミュニケーションに使用されるメイン基盤が柔軟で、迅速に変更、修正、新規機能の追加が可能であれば、既存顧客を維持し、新しい顧客基盤を拡大するのに役立ちます。

3) 企業におけるすべての部門がソフトウェア構築に関与できる

企業におけるビジネスプラットフォームの開発は、もはやIT部門だけの仕事ではなく、研究開発、マーケティング専門家、営業部、カスタマー サポートなどの他の部門もソフトウェアの設計と開発プロセスに関与することができます。なぜなら、コーディングの知識なしにローコードおよびノーコード開発基盤を使用できるからです。

まとめ

ローコードおよびノーコード開発基盤は、迅速な開発と簡単にカスタマイズ可能な基盤を必要とする企業にとっての選択肢の一つです。それが顧客にとって便利なサービスをもたらし、顧客の満足につながります。

顧客をサポートするためのシステムやプラットフォームをお探しの方、ローコード開発基盤で社内のソフトウェアを開発したい方は、どうぞお気軽に「アイコネクト」までお問い合わせください。

参照元:

https://www.gartner.com/

https://digi.data.go.th/blog/what-is-digital-transformation/

https://www.pttdigitalconnect.com/article/ptt-digital-low-code-no-code

イメージ: Freepik