本人確認技術とは?

現代、ネットショッピングやオンラインサービスを利用することが広く普及しております。そして、支払い手続きはとても簡単になります。銀行口座を持ち、銀行のモバイルアプリケーションに登録するだけで、様々な取引をより簡単で便利に行えます。但し、アプリにサインアップするには、「本人確認」という重要なステップが必要です。これは、サインアップした人は実際のアカウント所有者であることを確認するためです。

既にご存じのように、本人確認技術は日常生活の一部であり、今日の時代では誰にとっても重要です。

本人確認技術とは、個人の身元を確認するための手法です。オンラインログイン、新しい銀行口座の開設、インターネットでの金融取引、オンライン診療サービスの利用など、様々なシーンでご利用いただけます。本人確認にはさまざまな方法があります。

1. 身分証明書(IDカード)と書類の検証

身分証明書と、運転免許証やパスポートなどのその他の書類を使用することは、身元を確認する最も一般的で簡単な方法です。

イメージ Freepik

2. パスワード

ユーザー名とパスワードは、システムにアクセスする前にユーザーの身元を確認するために広く使用されています。初回ログイン時にユーザー名とパスワードを登録し、次回ログイン時に登録したものでログインする必要があります。

イメージ Freepik

3. ワンタイムパスワード (OTP)

ワンタイムパスワードは、1回限り有効な使い捨てパスワードです。OTPはその時点で認証を行うためにユーザーにSMS、電子メール、または特定のアプリケーションを通じて送信されます。

イメージ Freepik

4. 指紋認証 (指紋スキャン)

これは今日ではよく知られた本人確認方法です。指紋スキャンは、安全で信頼性の高い認証手段です。これは、各人の指紋が人的アイデンティティに基づいて一意であるためです。指紋スキャナーは、ユーザーの指紋がシステムに登録されているものと一致するかどうかを確認します。

イメージ Freepik

5. 顔認識

顔認識技術は、顔の構造と顔の器官を認識し、システムに保存されている写真と比較することで、ユーザーの身元を確認するために使用されます。

イメージ Freepik

6. 虹彩認識

虹彩認証は、カメラと赤外線(IR LED)を使用して人の虹彩に反射した写真を撮り、それを認識する生体認証技術です。虹彩スキャンは、指紋スキャンや音声認識と比較して、最も安全な生体認証技術の一つです。

イメージ Freepik

7. 音声認識

現在、音声認識はコールセンターでの取引を容易にするために本人確認技術として使用されています。但し、音声に頼って話者の身元を確認するだけでは不十分な場合があります。アカウントを持っていない双子のうち1人にコールセンターに電話をかけさせた実験が行われ、その結果、彼の音声で彼の本人確認ができることが判明しました。したがって、音声認証を使用する場合は、より高いセキュリティレベルのためにPINなどの追加情報を求めるべきです。

イメージ Freepik

8. 手のひら静脈認証

手のひらの静脈パターンをスキャンする本人確認の一種です。静脈パターンはコピーや変更が難しい身体的な身元であるため、この方法は安全性と認証精度が高くなります。

さらに、血管特性を読み取るデバイスに直接触れる必要がないため、接触による伝染病のまん延を防止することができます。

イメージ Freepik

 

9. ジオロケーション

この方法は生体認証技術ではありませんが、本人確認を必要としないため、消費者に満足していただける本人確認の選択肢の一つです。これは、ユーザーのオンライン地理的な位置をリアルタイムで特定するだけです。

イメージ Freepik

結論として、本人確認の方法を選択することは、使用の種類とそれぞれの場合にセキュリティのレベルによって異なります。次回は、本人確認技術の応用例をご紹介します。

参照元: https://www.thansettakij.com/finance/458842

イメージ:freepik