カーボンクレジットとは?

現在、世界では温室効果の問題が起こっており、地球の表面温度が上昇しています。これは、人間の活動によって排出された二酸化炭素、メタン、亜酸化窒素、およびクロロフルオロカーボン(CFC)などの温室効果ガスによって引き起こされている現象です。これらのガスは極端な熱波を反映し、全体の温度を上昇させます。その結果、世界中で天候が不安定になります。今日から制御しなければ、将来的には生物に深刻な影響を与える可能性があります。

世界中の多くの国も温室効果の問題を認識しており、この問題解決に取り込むための協定を締結しています。ほとんどの先進国は、2050年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにするという目標を設定しています。タイも2050年までに特に二酸化炭素に対するカーボンニュートラルを実現するという中期目標と、2065年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにするという長期目標の両方を設定しています。

イメージ:Freepik

タイには、天然資源環境省傘下にタイ温室効果ガス管理機構(TGO)という公的機関があり、温室効果ガス排出削減プロジェクトの分析、精査、認証を担当しています。

カーボンクレジットとは、企業が年間に排出できる二酸化炭素の制限量です。二酸化炭素排出量は年々削減することが求められています。もし炭素排出量が指定された基準よりも少ない場合、企業はカーボンクレジットの余剰分を他の企業に販売できます。

カーボンクレジットの計算は、製品のライフサイクル全体を通して排出される二酸化炭素およびその他の温室効果ガスの総量であるカーボンフットプリントを計算することによって行うことができます。これらのガス排出は、電力消費、燃料消費、産業プロセスなどの人間の活動によって発生します。

計算式: 1カーボンクレジット = CO2e の1トン 回避/削除

このため、炭素市場は、組織の目標を達成したり、活動を行う際に発生する二酸化炭素の排出を相殺したりするために、製品として炭素を売買、交換する場所です。

炭素市場には2つのタイプがあります。

  1. 強制市場: これは、温室効果ガスの排出量を削減するための法執行のために設立され、政府が温室効果ガスの排出量を法制化して規制します。市場参加者がルールに従わない場合、法的処罰の対象となります。
  • ボランタリー炭素市場: 法的効力を持たずに温室効果ガスの排出削減を目的として、民間部門の自主的な協力によって設立される市場です。タイは現在、関連する法律がないため、この市場に参入しています(法案作成中)。

カーボンクレジットを取引できるようにするには、事業家はプロジェクト提案書を提出し、カーボンクレジットをTGOに登録する必要があります。その後、ユーザビリティの確認と外部の評価者による検証のプロセスを経る必要があります。

カーボンクレジットを購入するには、事業家はTGOに取引アカウントの登録を必要とします。その後、買い手と売り手は直接取引の交渉を行うことができます。取引が完了すると、TGOはカーボンクレジットを販売者のアカウントから購入者のアカウントに移します。

2022年のデータによると、タイにおけるカーボンクレジット取引量は2021年と比較して425%拡大しました。しかし、タイの炭素市場はまだ小さく、他の国の強制市場に比べて価格は低くなっています。したがって、事業家は市場価格がそれほど高くないうちに、温室効果ガス削減プロジェクトを実施し、カーボンクレジットの取引を開始する準備しておくべきです。とにかく、カーボンクレジットを購入することは、事業家自身がプロジェクトを実行するよりも温室効果ガス削減プロジェクトのコストを削減できます。

参照元:

Thailand Environment Institute

https://greenlifeplusmag.com/

Krungthai Compass

イメージ:Freepik