持続可能な製造のためにデジタル技術を適用

現在、地球温暖化や気候変動の影響と深刻さは徐々に増大しています。これにより、クリーンエネルギーと天然資源のより効率的な利用への世界的な移行が進んでいます。目標は、地球温暖化を引き起こす要因である温室効果ガスの排出を削減することです。タイの公共部門、民間部門、関連機関も省エネルギーとクリーンエネルギーの利用を優先し、これらの変化に適応するために積極的に取り組んでいます。

アメリカ合衆国商務省によると、「持続可能な製造」とは、エネルギーや天然資源の節約、国民、コミュニティー、消費者の安全を強調し、低コストで環境への悪影響を最小限に抑える生産プロセスです。

持続可能な製造への手段

1. デジタル技術を生産ラインに適用

デジタル技術の活用によって生産ラインの機械からスマートデータを収集・分析し、非効率な生産プロセスを可視化します。その結果、それらを使用してプロセスを改善し、二酸化炭素排出量を削減することが可能になるでしょう。

メーカーはQRコードまたはRFIDタグを取り付け、顧客がそれをスキャンすることで生産地、製造工程、カーボンフットプリント※1などの製品情報を確認できるようにします。これは、消費者が温室効果ガスを少なく排出する製品の購入を決定するための選択肢となります。

1カーボンフットプリントとは、商品の原材料の調達から製造工程・組立工程、流通、使用、最後に廃棄に至るまでのライフサイクル全体を通して排出される温室効果ガスの排出量です。

2. デジタルシステムによる汚染物質の排出を削減

工場内のシステムや機器をデジタルシステムに変換することで、必要な情報に迅速にアクセスできるようになります。また、データを分析し、コンピュータシステムの開発に活用できるため、作業がより簡単で迅速になります。これにより、工場は高品質の製品を大量に生産でき、不要な資源、エネルギー使用、および汚染物質の排出を削減できます。汚染物質の排出を削減するソリューションの例は、以下の通りです。

  • IoTソリューション (モノのインターネット)

IoTは、インターネットを介して相互に接続してデータをやり取りする電子デバイスのネットワークです。現在、多くの工場では生産プロセスをスムーズかつ迅速に進行させるためにIoT技術を活用しています。また、ユーザーは作業現場か否かに関わらず、いつでも機械からの生産データを見ることができます。したがって、製造中に問題が発生した場合は、迅速に解決でき、ダウンタイムが削減されます。

リアルタイム情報のデータ化による監視・表示・管理へ IoT関連プロジェクトのご紹介

  • スマートシステム

機械や事務機器の電力消費量の確認など、工場内の様々な設備を監視するためのスマートシステムを導入します。これにより、電力消費を効果的にコントロールでき、資源の効率的な利用につながります。

さらに、スマートシステムは二酸化炭素の排出に関するすべてのデータを収集できるため、追跡が容易になります。

  • オートメーション(自動化)

多くの工場では、部品の組み立て、ワーク(品物等)のピッキング、製品の移動、製品の並べ替えなどにロボットを使用するなど、生産ラインにロボットと自動化を導入しました。ロボットは人間の代わりに疲れを知らず、ミスなく作業を行うことができます。これは、高品質な作業が可能となり、人件費が削減されます。

ハードウェアのロボットに加えて、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)をソフトウェアとしてドキュメント関連のタスクをサポートするために使用できます。特に、コンピューターへのデータ入力やファイルからファイルへのデータ抽出などの繰り返しタスクです。これらのタスクのサポートにRPAを適用することで、従業員は他の重要なタスクにより多くの時間を割くことができるでしょう。

製造業・工場向けRPA活用事例

まとめ

デジタル技術は持続可能な製造の鍵です。事業家はスマートシステムからインサイトデータをを収集し、それらのデータを活用して設計、生産、評価を強化できます。これにより、業務効率が向上し、生産プロセスにおける不必要なエネルギー消費、廃棄物、環境汚染の排出が削減されます。

参照元: