ソフトウェアテストにおける問題追跡ツール

問題追跡は、ソフトウェアテストのライフサイクルの一部です。多くのソフトウェアテスターは、ツールや企業の何らかの制限などによって、問題追跡に関する悩みがあるかもしれません。ある企業はマイクロソフトExcelを使用し、問題を記録していますが、バグや課題をリアルタイムで追跡することができないのです。また、テストチームと開発チームのコミュニケーションロスが発生する場合もあります。

現在、Jira Software、Redmine、Mantisなど、ソフトウェア開発の問題を管理するツールがたくさんあります。

今回は最近人気のあるオープンソースの問題追跡システム「Mantis バグ管理システム」をご紹介します。このツールを活用することでテスターが熟練したプロのように簡単で素早く問題を管理することができます。 Mantis バグ管理システムは使いやすく、テスト操作に対して柔軟に対応可能です。

主な特徴

  • アクセス制限:プロジェクトやシステム上のユーザーロールによって、データアクセス権限を管理します。
  • カスタマイズ可能:フィールド、通知、ワークフローがカスタマイズ可能です。
  • Eメール通知:問題、最新情報、バグ対応、コメントなどがEメールへ送信されます。
  • レポート:グラフとしてレポートを表示する機能があります。
  • データエクスポート機能:データを出力して、より多くのレポートを作成することができます。

Access Control :

Customizable :

ユーザーは、もっとデータを表示させるよう、デフォルトの標準フィールドに加えて、別のフィールドを追加することができます。

アクセス権限はプロジェクトレベルで設定可能です。

Email Notifications :

Eメール通知は、問題、更新情報、バグ修正、およびコメントをユーザーに通知させるように設定できます。

Report :

問題サマリーレポートがグラフでまとめられ、一目で内容が把握できます。

Export Data File :

ユーザーはコラムを設定し、データをエクスポートしてより多くのレポートを作成できます。

上述のように、Mantis Bug Trackerは、問題追跡を管理する機能が揃えたツールです。また、これはオープンソースのツールで無料で提供されていますので、テスターや各企業にとって非常に効果的な問題追跡システムです。

弊社、アイコネクトは最高品質のソフトウェアを納品し、顧客満足度を高めるために、システムテストプロセスに重点を置いています。当社のソフトウェア品質保証を専門とするチームは多くのプロジェクトで様々な問題追跡ツールを使用しています。これにより、テスターはそれぞれの問題を迅速に追跡でき、各プロジェクトをより効率的に管理できます。

ソフトウェアテストに関するお悩みは、お気楽に弊社へご相談ください。

関連記事: テスト自動化とは?