OCR技術の意味と利点

OCRとはOptical Character Recognition/光学文字認識の略で、画像ファイルを自動的に電子テキストデータに変換する技術です。 OCRデータ処理では、文字データを抽出して認識できますが、物体を認識することや、文字データの意味を理解することはできません。 例えば、単語をスキャンすると、OCRプログラムはそのテキストを検出して認識しますが、その単語の意味は理解できないのです。

文字によって分類されたOCR種類

  1. オンライン文字認識

これは、ノートパソコン専用のデジタルペンでデータを入力する方法です。 文字は書かれている間に分析されます。オフライン文字認識と比較すると、このタイプは文字を書く方向と筆順に関する追加の情報が得られるため、より簡単です。また、オンラインOCRには通常、データを入力する領域が指定されます。ほとんどの場合、各文字を書き込むために特別なコードを使用して1文字ずつ書き込む必要があります。

2. オフライン文字認識

システムの入力は、スキャナーで読み込まれる手書き、または印刷された文字の画像です。 単一の文字と接続された文字の両方があります。文字の結果を出力する前に、データを準備、編集、認識する必要があります。これらの処理は、システムの全体的な性能にとって重要です。特に認識処理は、正しい文字を表示するOCRの主要なプロセスです。

いずれかの部分でエラーが発生したら、システムの他の部分にも影響を及ぼしますので、出力結果は100%正確にならない可能性があります。

精度を高めるために、プログラムは文章をチェックして校正することができます。基本的にスペリングや文法をチェックし、正しくない可能性のある単語にマークを付けて、ユーザーに通知します。但し、それらの単語を訂正するかはユーザー次第です。

OCRの利点

OCR技術を活用してドキュメントを管理したら、次の利点が得られます。

・データを入力する必要がないため、ドキュメント作成時間を節約できます。

・電子ファイルになったため、保管スペースを節約し、ドキュメントを簡単に検索できます。

・出力結果をマイクロソフトWordまたはExcelで容易に編集できます。

・電子ファイルはデータベースに保存できるため、他のシステムと連携しやすくなります。

・OCRをRPAと一緒に適用して、人間の代わりに日常業務を行うソフトウェアロボットを作成できます。

関連記事 OCR技術を活用した電子文書管理システム