テレワーク・在宅勤務に最適な勤怠管理とは?
今使っているシステムと連携できるツールがおすすめ/iCONEXT

新型コロナウイルスをきっかけに、テレワーク(リモートワーク)を導入する企業が急増しました。急激な変化の中で、多くの企業が抱えている悩みが「勤怠管理の方法」ではないでしょうか。

人事・労務担当者が抱える悩み
■出勤・退勤時刻が正確に把握できない
■労働時間・出欠データの管理が面倒
■従業員がどこにいるのか把握できない

リモートワーク(在宅勤務)の勤怠データを
正確に効率よく管理する方法とは?

在宅勤務や外回り社員の勤怠管理は、フィンガースキャナーなどの代わりにメールやチャットアプリで管理者やメンバーに連絡する方法が一般的です。

当社がお薦めする勤怠管理システム「iWork(アイワーク)」は出退勤の打刻と、打刻情報の管理をオンラインで行なうシステムです。

従業員の位置情報までわかる!
勤怠管理システムiWORK(アイワーク)

iWORKはPCやスマホから簡単に打刻できて、その時の位置情報も把握できます
物流業、金融業、保険会社、オンサイトエンジニア、営業など、勤務先や訪問先が複数ある職種にも最適です。
また、オフィスで使用中(人事管理システムなど)のシステムにiWorkのデータをインポートできるので、これまでの勤怠データ管理システムをそのまま使い続けることができます。

iWORKの使い方

テレワークする従業員
■WEBブラウザで専用ページにログイン
■勤務場所をプルダウンで選択 ※管理者へのメッセージも入力できる
■打刻(勤務開始)
■打刻(勤務終了)

管理者・上司
■WEBブラウザで専用ページにログイン
■従業員から届いたデータを一元管理
■1日2回レポートが自動で出力される(Excelデータ)

勤怠レポートは、メールで自動送信する・既存システムと自動連携するなど、お客様が使いやすい仕様に設定できます。

見やすい操作画面と自動レポートで
リモートの勤怠管理が楽になる!

iWORKの便利な機能

1. 誰がどこにいるのか、ひと目でわかる

2. 複数の勤務地を登録できる

▲従業員が位置情報を申請、管理者が承認すると勤務地として登録される

3. 日ごと/従業員ごとの情報を簡単に絞り込み

4. 集まったデータが自動でExcelに変換される

▲勤怠レポートのサンプル(ユーザーごとに使いやすいフォーマットを設計できる)

5. スマホからも簡単に打刻・管理できる

▲スマホ・タブレットを使うと、PCよりも正確な位置情報が収集できる

オプション機能・カスタム仕様もご相談ください

たとえば…
「体調不良(頭痛や発熱など)を申告できるようにしたい」 など
ユーザー様のご希望にあわせて使いやすいシステムを設計します。追加したい機能やお持ちの課題をお聞かせください!

人事・労務以外にも、社内のデータ管理・データ活用のご相談も承ります(日本語・タイ語・英語で対応可)。

勤怠管理アプリiWORKのデモ版をご覧になりたい方は、弊社までご連絡ください。