「ITアウトソーシング」コロナ禍を通じて
組織を推進するためのツール

2020年の初め以来発生した新型コロナウィルスは急速にかつ激しく拡大し、世界に影響を与え、タイのビジネスにも課題をもたらしました。タイ政府や関連機関は、新型コロナウィルスの感染拡大状況を真剣に制御する仕組みを取り組んできましたが、これまでの所まだ制御できておりません。毎日確認される感染者数が増加し、経済や社会に広く影響を及ぼしています。特に、今回の第3波(2021年4月以降)は大きな影響を及ぼし、多くの企業が可能な限りコストを削減することを余儀なくされています。例えば、従業員を解雇し、事業の一部を売却しなければなりません。一部の企業はもう勝負できないと思い、事業を中止せざるを得ません。ビジネスを継続するために、多くの企業は、この危機の中、新しいライフスタイルに適応するように組織を管理しながら、業務プロセスを変更し、サービスを調整する必要があります。

新型コロナウィルスを回避し、感染拡大を減らすには、社会隔離戦略が必要になりました。それで、 タイの企業は在宅勤務制度を導入し始めました。読者の方々にとって、このニューノーマル時代における在宅勤務は初めてかもしれません。そして、Microsoft Teams、Webex、またはZoomを介して電話会議に参加したり、Googleドキュメントを使用したオンラインチャネルを介してチームとドキュメントを共有したりする必要があります。これらのアクティビティはすべてITテクノロジーに依存します。上記の新型コロナウィルスの感染拡大状況から、多くの企業は事業計画を早急に調整するように促されました。なぜなら今までと同じように運営し続けたら、早晩悪影響に直面する可能性があるからです。様々な企業が内部で採用している方法の1つは、情報技術の開発にもっと投資し、今までの働き方を変えることです。

ほとんどの企業はIT部門がソフトウェアを開発したりIT関連技術を導入したりしていますが、IT担当者は専門的なスキルを持っていない可能性があるため、一般的なシステムメンテナンスしかできず、エンタープライズソフトウェアを自分で開発することはできません。このコロナ禍で発生した変化に対応するために、システムを短時間で開発するサービスが提供できるIT業務の外部委託(アウトソーシング)が広く普及しています。

THE BANGKOK INSIGHTによると、ガートナーは2021年にタイにおけるIT支出の成長率を5%と予測しています。エンタープライズソフトウェアが13.6%で最大の成長を遂げると予測され、データセンターシステムが10.9%、ITデバイスが9.5%、通信サービスが2.8%増と見込まれました。また、2024年までに全ての組織がより完全なデジタルシステムへ転換することを余儀なくされると予想されます。企業での情報技術を活用する例は次の通りです。電子文書を承認するためのワークフローシステムの導入、全てのデータを一元化するためにデータセンターを構築し、クラウドソリューションを導入すること、RPA(ロボティクスプロセスオートメーション)ソフトウェアを使用して、人間の繰り返し作業を実行すること、顧客の行動を分析し、製品やサービスを改善するためのデータ予測を提供すること、既存のデータに基づいて、AI(人工知能)や機械学習テクノロジーを活用した市場の予測分析などです。

ITアウトソーシングサービスを利用する6つのメリット

1. 専門スキル

アウトソーシング社員は、特定分野の知識、スキル、経験を持ち、常に新しいテクノロジーに関するスキルを磨いています。彼らは顧客のビジネスニーズを満たすために何をする必要があるかも理解しています。また、顧客の作業効率を上げるために、アドバイスを与え、様々な技術を提案することができます。

2. 直ぐに勤務可能

アウトソーシング社員は直ぐにIT業務を開始できます。雇用者は自分のニーズと現状の課題を通知するだけで、ITアウトソーシングスタッフがそれらのニーズを分析し、対応できるシステムを短期間で提案、設計、開発することができます。

3.どこからでも勤務可能

IT業務の利点は、従業員がどこからでも働けることです。ITアウトソーシングスタッフも常に顧客の現場で働く必要はなく、どこからでも作業できるため、この働き方はニューノーマルのライフスタイルに適合し、新型コロナウィルス感染のリスクを減らすこともできます。

4. 低コストで時間を節約

ITアウトソーシング社員は、情報技術分野ですでに経験があるため、すぐに職務を実行することができます。従って、正社員への教育時間やコストを節約できます。更に、ITアウトソーシングスタッフは、ITシステムの開発を支援できるため、雇用者は自分のコアビジネスにより集中することが可能です。

5.柔軟性が高く、リスクが低い

ITアウトソーシングサービスを利用した場合、高度な柔軟性が得られ、雇用者の企業を担当するチームが契約期間中にネットワークやソフトウェアシステムを維持します。アウトソーシング社員が退社した場合、業者はすぐに新人スタッフを代替しますので、雇用者の業務が中断されるリスクは非常に低く、柔軟性が高くなります。

6.コロナ禍が収束した後もビジネスが継続できます

ITアウトソーシングサービスにより、各企業が正社員の採用方法を変え、ニューノーマル時代に合わせてサービスを調整し、同じビジネス業界の競合他社より優位に立ちデジタルシステムに完全に移行できます。