物流事業と関連技術

ロジスティクスとは?

ロジスティクスとは、海上輸送、航空輸送、陸上輸送で商品をスムーズに目的地まで輸送することを目的とした配送サービスのことです。 その中に倉庫管理と梱包管理も含まれています。ロジスティクスはサプライチェーン管理の一部であるため、非常に重要なビジネスです。 簡単な作業のように見えますが、実生活での商品の輸送・配送には投資が必要であり、低コストで効率的に商品を輸送するための管理能力が必要です。多くの事業者は、ロジスティクス管理を自分で行うのではなく、ロジスティクスサービス提供者を活用して製品を配送してもらいます。

ロジスティクス管理

以下は、効率的なロジスティクス管理の4つの主な要因です。

1.商品の移動

商品の移動は重要なプロセスであり、輸送業者が簡単に作業できるようにし、配送トラックの容量を活用し、発生する可能性のある損傷を減らすために、最も効果的な管理が必要です。

2.倉庫保管

これは、複数回の輸送により届いた少量の貨物を集め、より大きな貨物を結合すること、若しくは逆に大きな貨物を多くの小さな貨物に分割することで、製品を効率的に保管する計画を立てることです。製品を適切に保管することで、保管コストを削減できます。

3.貨物の統合

貨物の統合は、複数出荷と複数顧客の注文を同じ配送トラックにまとめる方法です。運送業者は、顧客からの注文を受けたら、様々な出荷元から商品を受け取り、配送センターに運びます。そして、配送ルートを調整し、商品をトラックに積み込み、配送計画に基づいて顧客へ納品します。

4.  商品の流通

商品の流通は、適切な商品を適切な量で適切な時期に適切な場所に、顧客に適切な状態で配送するように管理する活動です。

 なぜロジスティクスは魅力のあるビジネスになったのか?

Eコマースの成長により、消費者行動が徐々にオンラインショッピングに変化する中、多くの中小企業が市場に参入しているため、ロジスティクスサービス提供者が市場に参入して競争を始めています。尚、現在のビジネス競争では、商品を売るだけでなく、サービス、パッケージの美しさ、配送速度も考慮する必要があります。従って、優れたロジスティクスシステムを持つことは、顧客に良い印象を与えることができます。

物流事業に適用する技術とサービス

配送経路管理

            配送経路管理は、トラックに積み込む製品の数量を計算し、配送経路の計画を作成するシステムです。トラックの容量を最大限に活用し、時間を節約し、不要な輸送のコストを削減しますので、製品を最終目的地に迅速に配達できます。

GPSモニターリング

全地球測位システム(グローバル・ポジショニング・システム、GPS)は、GPSトラッカーを使用して、車両、製品、または人の地球上の位置を特定するための衛星測位システムです。GPSは、衛星の位置を参考に地球上の位置を高精度に計算するため、車両や製品、人の位置を特定することができます。 このため、配送経路計画を作成し、輸送時間を効果的に見積もることができます。

フルフィルメントサービス

フルフィルメントサービスは、商品の梱包と目的地への配送を提供する倉庫レンタルサービスです。これは、オンラインシステムを使用して商品を計算して記録する第三者向けのサービスであり、商品や配送状況を必要に応じて追跡できます。このサービスは、倉庫の管理、梱包、配送にかかる時間を節約したいオンライン小売業者に適しています。 また、人件費も節約することも可能になります。

超高速納品

これは、アマゾン・ドット・コムが提供する1時間以内の短納期サービスのことです。アマゾンの倉庫はニューヨークの中心のビルにあるため、近隣の都市への短納期サービスが提供可能です。アマゾンの従業員は、注文された商品をすばやく見つけ出し、それらの商品を梱包し、宅配便に渡して配達することができます。宅配便業者は、徒歩、自転車、公共交通機関、自動車など、最速の輸送モードで荷物を配達します。結果、顧客は適切な商品を非常に迅速に入手できます。