テーラーメイドシステム開発
テーラーメイドシステム開発とは……
企業で使用する業務アプリケーションをゼロから
スクラッチ(Scratch)で構築すること。
※スクラッチとは
システムやソフトウェアの開発において、パッケージ製品や他のソフトのソースコード、雛形などを使用せずに開発していくこと。 ………IT用語辞典「e-Words」より引用
~開発の狙い~
独自の業務ノウハウを活かし、他社との差別化を図った
戦略的なシステムを構築する。
メリットとデメリット
~パッケージとテーラーメイドの比較~
【パッケージ開発】
メリット
短納期、安定稼働
  • 業務を合わせることができれば比較的安価に導入できる
  • 予め機能が用意されているので、導入期間が短くて済む
  • 多く市販されているので実績があり、品質が安定している
【テーラーメイド開発】
メリット
最適な機能、使い勝手
  • 業務を変えることなく業務に合わせて自由に作ることができる
  • 業務の拡張に合わせて、必要な機能を順次追加して開発することができる
  • 業務に合ったシステムを構築することで、長くシステムを使用できる
デメリット
機能と拡張性が制限
  • 決められた機能しか使用できないため優位性を失う可能性がある
  • 基本機能をカスタマイズしたり、独自の機能を追加しようとすると費用と期間がかかる
  • 業務拡張などに合わせて柔軟にシステムを拡張しにくい
デメリット
開発期間が長く、品質が不安定
  • パッケージに比べて、費用が高くなる傾向がある
  • 開発期間が長くなり、導入までに時間がかかる
  • 安定稼働まで時間がかかる場合がある
テーラーメイド開発の手法
~ウォーターフォール型~
開発工程を分割して時系列に並べ、原則として、前工程が完了しないと次工程に進まないことで、前工程の成果物の品質を確保し、前工程への後戻り(手戻り)を最小限にする。
<ウォーターフォール型での工程の進み方>
~プロトタイプ型~
プロトタイプを作成し、設計者とユーザーでそれを検証しながら新たなプロトタイプを作成する、という工程を繰り返しながらプロジェクトを進めていくやり方。
<プロトタイプ型での工程の進み方>
<プロトタイプ型のメリット>
納期の短縮と品質の安定につながる
1)実際の画面をイメージしやすい
画面イメージを確認しながら要件定義を行うことで、機能面だけでなく、ボタンの配置なども細かく指定き、使い勝手の良いシステムを効率良く開発できる。
2)要件変更に対応しやすい
要件を確認しながら設計、実装を繰り返し行うため、設計や実装フェーズに移行した後でも、比較的容易に要件変更を受け付けることができる。
3)受入テストまでの期間を短縮できる
実装とテストを繰り返しながらプロジェクトを進めることで、受入テストフェーズで大きな仕様変更が発生したり、クリティカルなバグの発生を最小限に抑えることができる。
テーラーメイド開発の事例
~生産ラインコントロールシステム~
生産ライン上で起こる作業ミスを大幅に改善
当日の生産計画と、現時点での作業進捗の達成率をリアルタイムで表示し、流れてくる中間製品に対し、どの部品を、どの部分に、どのように取り付けるのかを写真やイラストを使って分かりやすく表示。
~倉庫管理システム~
入庫・出庫作業時に起こる検品ミスを大幅に改善
バーコード対応によるトータルな倉庫管理
部品の入庫、在庫管理、出荷作業にバーコードを利用することで、検品時のミスと漏れをなくし、在庫の精度を向上させることができます。
RFIDを用いたパレット管理
パレットにRFIDを取り付け、いつ、誰が使用していて、現在の所在地を管理し、紛失などによる企業資産へのダメージを最小限に抑えます。
コンテナ積載最適化シミュレーション
トラックや船舶で製品を輸送する際のコンテナへの最適な積載方法をシミュレーションし、輸送の無駄を省き、コスト削減を図れます。
~スマホアプリの開発~

スマートフォン/タブレット対応
最新のiOS/Androidに対応
iTunesやGoogle Playよりダウンロード
開発プロセスと管理を標準化し、QCD の向上、情報資産の機密性の確保に努めています。
お気軽にお問い合わせ下さい。
+66-2-642-3608
iCONEXT CO., LTD.
121/30, RS Tower Building, 7th and 28th Floor, Ratchadapisek Road, Dindaeng, Bangkok 10400 THAILAND